事件 未分類

竹内麻理亜容疑者の顔画像・インスタグラムは削除したか!車内に子供を放置不倫は日常茶飯事だった!

スポンサーリンク
takeuti事件
スポンサーリンク

3日お昼12時頃高松市常磐町2丁目で個人宅前に路駐されていたBMWの後部座席に放置されていた竹内真友理ちゃん(6)と妹の友理恵ちゃん(3)が熱中症で死亡した。母親の竹内麻理亜容疑者は「エンジンをつけたままにして少し離れていたが帰ってきたら切れていた」と供述しているが前日の夜9時から車内に放置していたことが判明。4日に保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された。随時更新中。

竹内麻理亜(まりあ)動機が判明!「娘2人を殺した」鳶職一族と5chで物議
2日の夜9時から3日のお昼12時40分ごろまで真友理ちゃん6歳と友理恵ちゃん3歳を車内に放置し熱中症で死なせたとして、4日保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された母親の竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者。子供には知的障害がありそれを理由に殺害したのではないかと話題に。親類も処置した医者に暴言を吐くなどしているところを暴露されている。
竹内麻理亜夫の建設会社・フェイスブックを特定!妻の虚言癖が酷く騙されていた
2日の夜9時から約15時間娘の真友理ちゃん6歳と友理恵ちゃん3歳を車内に放置し熱中症で死なせたとして、4日保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された母親の竹内麻理亜(たけうちまりあ)容疑者。その夫の建設会社とフェイスブックを特定。夫は竹内まりあの虚言癖に騙され続けていた。
沖間友紀の顔画像・インスタ・フェイスブック・ツイッター・ブログを特定!SNSから虐待証拠写真!
3歳の長男を繰り返し虐待していたとして母親の沖間友紀(おきま ゆき)26歳と、内縁関係にあった向山純貴26歳が逮捕されました。この記事では母親である風俗店従業員の沖間友紀を詳しく特定していきます。随時更新中。

下へ続きます…

スポンサーリンク

竹内麻理亜容疑者の情報(追記)

車内に放置され熱中症で死亡した竹内真友理ちゃん、友理恵ちゃんの母親である竹内麻理亜の現在判明している情報です。

  • 竹内麻理亜(たけうちまりあ)
  • 26歳
  • 無職
  • 高松市川島東町在住
  • BMW 2シリーズグランツアラー218i インテリジェントS コンフォートPKG
  • 保護責任者遺棄致死で逮捕
  • 娘は幼稚園児

その他の情報が判明次第追記していきます。

 

竹内麻理亜が乗っていた車の写真

takeuti

同じ車種の写真

takeutibmw

竹内麻理亜は鳶職義実家に酷い目にあわされていた

スポンサーリンク

竹内麻理亜の顔画像(追記)

竹内麻理亜の顔画像を探しましたが現在のところ公開されていないようです。しかし幼い子供を酷いやり方で殺し隠蔽工作まで図った極悪非道の犯人ですので、知り合いからの情報流出やすぐにメディアでも顔が報道されるはずです。顔画像が判明次第追記していきます。

takeuti

(追記)

takeuchimaria

うつむいて顔を隠しています。

竹内麻理亜の自宅は建設会社

竹内麻理亜の自宅・建設会社を特定

スポンサーリンク

竹内麻理亜のインスタの特定(追記)

竹内麻理亜のインスタの特定をしていきます。

takeuchimaria

竹内麻理亜で検索した結果複数のアカウントがヒットしました。しかしその中から今回の事件の容疑者である竹内麻理亜のアカウントとみられるものは現在のところ特定できませんでした。特定でき次第追記していきます。

(追記)

竹内麻理亜は逮捕前にインスタグラムなどのSNSを削除している説が浮上しています。情報が分かり次第追記していきます。

竹内麻理亜の夫のフェイスブックを特定

スポンサーリンク

竹内麻理亜は何をしていたのか(追記)

竹内真友理ちゃん、友理恵ちゃんの母親竹内麻理亜容疑者は個人宅前に路駐し車内に幼い子供2人を残したままどこへ何をしに行っていたのでしょうか。

takeuti

画像 現場付近を捜査する警察

大腸炎でトイレに行っていたら長くなってしまったという話ですが、安倍総理の大腸炎が話題になったのでそれに便乗した感が否めません。トイレなら関係のない個人宅前に路駐などするでしょうか?ちなみに現場のすぐ近くには風俗店やホテル、パチンコ店などがあります。

(追記)

前日の夜9時から車内に放置していたことが判明。竹内麻理亜容疑者は車内に2人を放置したまま翌日の正午まで飲み歩いていた。また、子どもたちが意識がないのを確認してから個人宅前に車を移動させエンジンをつけた疑いがある。

(追記)

朝方まで飲み歩き日中は知人男性(不倫相手)の自宅に居たことが判明しました。

(追記)

竹内麻理亜は救急車が到着しても遠巻きにみてるだけで、救急車へ乗ろうともしなかったとポストセブンは報じています。

竹内麻理亜の自宅を知る人が語る

竹内麻理亜の自宅場所を特定

スポンサーリンク

竹内麻理亜、不倫相手とデートしていたか(追記)

子どもを連れて行かなかった理由は不倫相手に会っていたからではないかという説も浮上。現場近くにはホテルもあります。ホテルの駐車場に放置するとホテル側にバレる恐れがあったので、カモフラージュのために個人宅前に路駐していたのかもしれませんね。

 

家の前に堂々と停めてある車がまさか赤の他人の車だなんて傍から見たら分かりませんからね。子どもが乗っていても「親は家の中に忘れ物してちょっと取りに行ってるのかな」ぐらいにしか思わない人がほとんどだと思います。

(追記)

前日夜から車内に放置していたことが判明。不倫相手とのデートに子どもは邪魔だから出られないようにして閉じ込めていたようです。

(追記)

男性と過ごしていたことがメディアでも報道されました。

竹内麻理亜の旦那は鳶職

竹内麻理亜の虚言癖に旦那も騙されていた

スポンサーリンク

竹内麻理亜の計画的犯行か(追記)

そもそも事故ではなく「殺意のあった計画的犯行ではないか」という説も浮上しています。

takeuti

「わざとやろ」「最初から殺そうと思ってたとしか考えられないレベルの愚かさ」

takeuti

「あわよく死んだらいいなぁ、だろう。子どもを大事に思ってるなら炎天下エンジン止めて路駐なんて120%ありえない」

 

子育てに疲れて「自由になりたい」そうおもった竹内母が事故に見せかけて二人を車内に放置していたとしたら…こんな酷いことはありません。凶器などを使い殺害すると自身が犯罪者になってしまい自由など手に入れられなくなりますからね。

(追記)

竹内麻理亜は2人の娘を通わせていた幼稚園に「コロナ感染防止を理由に9月の1週目は休ませる」と連絡し休ませていました。感染防止を気にする保護者が夜の街をうろつくわけがありません。やはり熱中症という事故に見せかけて殺すつもりでいたようです。

竹内麻理亜日頃から虐待していたか

スポンサーリンク

竹内麻理亜の親族DQN揃いで医者や看護師に悪態をつく

竹内真友理ちゃん、友理恵ちゃんを熱中症で死亡させた竹内麻理亜の親族がDQNばかりだったと匿名掲示板に投稿されていました。

319

「病院に駆けつけた親族はDQNだらけ。
医者や看護士に悪態をつき収まらない状況に。
本人はトイレに行ってた、車はエンジンをかけエアコンもつけてたと証言してるらしい。
トイレに長く行ってたのは大腸炎の病気だかららしい。

警察の調査で今後はっきりするだろうけどね。
今は親の証言が怪しいから親の行動がニュースでは報道されてない状態。」

 

この書き込みが本当ならば懸命に処置してくれたお医者さんや看護師さんにとても失礼極まりない一族ですね。幼い命が消えてしまったのは病院のせいではなく母親が暑い車内に放置したせいです。怒りの矛先が間違っていますね。

竹内麻理亜の夫を特定

竹内麻理亜のDQN一家やはり鳶職だった

スポンサーリンク

竹内真友理ちゃん6歳は車から出られなかった?

今回死亡してしまった次女の友理恵ちゃんは3歳なのでもしチャイルドシートなどに固定されていたら自力で出るのは不可能でしょう。長女の竹内真友理ちゃんは6歳でした。6歳だと自力で車内から脱出することができそうですができない理由があったようです。

 

チャイルドロックがかかっていた

車にチャイルドロックがかけられていて内側からドアを開けられなかった可能性があります。チャイルドロックがかかっていても運転席は開くようになっていることがほとんどですが、そんなこと子どもにはわからないでしょう。

 

夏の車内温度は70度を超えます。意識が朦朧とする中で窓を開けることもできなかったのか、それとも窓にもロックをかけられていたのか…

 

2人とも知的障害があった?

匿名掲示板にこんな書き込みがありました。

takeuti

「これ両方知能障害あったってネットの記事で見たわ」

 

「6歳なら出られたのでは?」という疑問の声が多く上がっていましたが、これが本当なら更に灼熱の車内から脱出は困難かもしれません。

竹内麻理亜夫のフェイスブック子供の写真も

スポンサーリンク

竹内真友理ちゃん母親、風俗店へ面接説も

現場の目の前に風俗店があります。そこへ面接へ行っていたのではないかという説が浮上。その風俗店は提携する託児所もあるようですが、さすがにその場に託児所があるわけではないので連れて行くことができなかったので車内に放置していたということでしょうか。

fz

「面接ぐらいの短時間なら車内に放置しても大丈夫だろう…」と考えたのかも知れません。

竹内麻理亜無職なのにBMWの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まめぴぴニュース

コメント